七五三のマナー

七五三のお祝いは、

数えの年で
三歳と七歳の女の子、
五歳の男の子が

無事に成長できていることを感謝して 神社にお宮参りをします。
地域によっては、
男の子は三歳と五歳、
女の子は三歳と七歳に行う地域もあります。

初穂料というお礼を収め、
お払いを受けるのが普通です。

初穂料は、
神社によって様々ですが3から5千円が相場です。

七五三の由来としては
平安時代に三歳は髪を伸ばし始める髪置の儀、
五歳は、男の子が袴を着けることから着袴の儀、
七歳は、付紐から帯に変わって着物を着ることから帯解の儀から由来しています。

正式な服装を用意するのも大変なので
レンタルを利用される方も見えますが、
親子とも正装で行うのが正式です。

親は父親はスーツ、
母親はスーツかワンピース又は留袖が
訪問着が正式です。

子どもは、最近は着まわしきく、
男の子はスーツ、女の子はワンピースが多いです。

もし和装ならば、
三歳の男の子は羽二重熨斗目模様の紋付二枚かさねに、
へこ帯、袖無し羽織りで、草履は、
鼻緒のついた平底のものを

女の子は晴れ着に帯を結ばず、
袖無しの朱色の「被布(ひふ)」を羽織の代わりに着用し、
草履は甲掘(こっぽり)などを使用します。

五歳の男の子は、
羽織袴のスタイルが基本で、剣や扇子を持ちます。

七歳の女の子は、
振袖に袋帯、帯揚げや志古着などでかわいく、
華やかに着飾ってください。

神社に参拝する時は、
手洗い所で手を清め、
口をすすいでから進むのがマナーです。

参拝所では、鈴を鳴らしてから、
二回お辞儀をし、二回手をたたき、
一回お辞儀をするのがマナーです。

UP▲

~冠婚葬祭マナー.comへ


Copy right(C)
冠婚葬祭マナー.com
All Rights Reserved.