結婚記念日のマナー

結婚記念日は、
人生の節目の祝いであり、
家庭にとっての創立記念日です。

もともとは、西欧の習慣ですが、
日本でも25年目に銀婚式、
50年の金婚式は
大きな節目としてお祝いする習慣となりました。

銀婚式の時は
子ども達が指揮を執ってパーティーを開いたり、

金婚式の時は、
夫婦の体調の様子を見ながら
子ども達やお孫さん達が中心となって式を主催します。

結婚記念日には
その記念日の名前の付いている金属製品を
夫婦で送りあうのが代表的なプレゼントですが、

最近はこのことにこだわらず
旅行券や商品券やコンサートのチケットなど
趣味のものをプレゼントする方も見えます。

記念品を贈る場合は、
赤白の蝶々結びの水引のついたのしの表書きに
その記念日に当る式名
たとえば祝銀婚式、祝金婚式と書き、
名前は子どもがそろって贈る場合は
子供一同と書くのが普通です。

また夫婦からお祝いをもらった方へのお返しは、
内祝または○婚式記念などと
のしの表書きを書き、
記念品として渡す場合がほとんどです

お祝いの金額は、
もらった方がお返しをしなければいけないと気を使ったり、
あまりにも高価すぎてもらうのをためらうような品物は避けるのがマナーです。

UP▲

~冠婚葬祭マナー.comへ


Copy right(C)
冠婚葬祭マナー.com
All Rights Reserved.