賀寿のマナー

賀寿は、中国伝来の長寿祝いで
日本で代表的なお祝いは、還暦祝いです。

昔は、今ほど寿命が長くなかったため
数えの61歳満60歳の時にお祝いするのが一般的でしたが、
今は寿命が延び、
60歳はまだ矍鑠として見える方が多いので
普通の誕生日と同じようにお祝いし、
70歳の古希から長寿のお祝いをする方が多くなってきました。

古希以上の長寿のお祝いの祝宴を催す場合は、
本人の体調を考慮し、また本人の希望を聞いて
誕生日かその直前の都合のいい日曜日に行います。

また招待された方で贈り物をする方は、
お祝いをする前日までに届けるのがマナーです。

紅白か金銀の蝶結びの水引がついたのしをつけ、
表書きは、長寿御祝か寿福、などと書き、
記念に残るものや、
本人が希望している品物を送るのがいいと思います。

お返しはいりませんが、
御祝いにいただいた品物の金額に関係なく、
一律で記念品として品物を内祝として贈るのがマナーです。

長寿の祝いの代表的なものとして

数え年70歳の御祝いで古稀、
数え年77歳の御祝いで喜寿、
数え年80歳の御祝いで傘寿、
数え年90歳の御祝いで卒寿、
数え年99歳の御祝いで白寿
があり、

本人の体調を見ながら
内輪で御祝してあげるのがいいでしょう。

UP▲

~冠婚葬祭マナー.comへ


Copy right(C)
冠婚葬祭マナー.com
All Rights Reserved.