祝儀の金額のマナー

結婚式に招待されて悩むことのなかに
祝儀の金額はいくらにしたらいいのかということがあります。

他人はもちろんのこと、
身内や親戚でも聞きづらい悩みです。

あげる人ともらう人との関係や年齢、
地位などによって様々ですが
一様の目安として参考にしてください。

一般的なマナーとして
4の数字は死を、
9の数字は苦を連想させますので避けるのがマナーです。

また分けることが出来るということから
偶数は嫌がる人も見えます。

しかし2の数字は対を表すことから
2の数字だけはいいと言う人もいます。

金額は
友人や知人は2〜3万円、
いとこは2〜5万円、
姪や甥は3〜10万円、
兄弟は5〜10万円、
勤務先の同僚は2〜3万円
が相場です。

また夫婦で出席される方は
二人分まとめて祝儀袋にいれ、
金額は偶数にならないように工夫しましょう。

祝儀袋の中に入れるお札は、新札がよく、
もし用意し忘れたときは
アイロンをかけるなどなるべくピンとした状態で入れましょう。

どうしてもの時は
結婚式場のフロントに相談すると
変えてもらえるかもしれません。

UP▲

~冠婚葬祭マナー.comへ


Copy right(C)
冠婚葬祭マナー.com
All Rights Reserved.