祝儀袋のマナー

結婚式に招待された時に悩む問題として
祝儀袋についてのことがあります。

結婚式に必ずもって行くものですし、
知らないと常識がない、マナー違反の人に見られます。
もし参考に出来るのならばいいと思います。

祝儀袋は、
会費制の披露宴の場合は会費を払えばよく、
持って行く必要はありません。

ただどうしても欠席をする場合で遠方の場合は、
お金を祝儀袋にいれ、現金書留で送ってください。

結婚祝いの祝儀袋は、
大体3種類あり、
ご祝儀の金額に見合った物を選ぶようにしてください。

誤っても蝶結びの水引の物を選ばないでください。

祝儀袋を選ぶ目安として、
結びきりの形をしている祝儀袋には1〜3万円、
あわび結びという形をしている祝儀袋には5〜8万円、
水引細工が施してある物には10万円以上
包むのが常識です。

また祝儀袋の折り返しの部分は、 幸せが受けられますようにという意味から下から折った部分が、 上から折ってある部分よりも上になるように包んでください。

逆は、
お葬式の香典の包み方になりますので注意が必要です。

中袋には、
表側に漢字で金額を書き、
裏側には住所と名前を書きます。

祝儀袋の上段には寿と書き、下段には氏名を書きます。

祝儀袋はむき出しで持っていかず
袱紗に包んで持参します。

もし持っていなければ、
かわいいハンカチに包んで持参しましょう。

UP▲

~冠婚葬祭マナー.comへ


Copy right(C)
冠婚葬祭マナー.com
All Rights Reserved.