結婚式の服装のマナー

結婚式や披露宴に出席する場合の服装は、
主役の新婦よりも豪華にならないようにするのがマナーです。

新婦のウエディングドレスの色は白が多いものです

女性の服装の色は、
白色や一見して白に見えるようなものは避け、
また仏事の服装と間違えそうな黒の服装もやめましょう。

やむおえず、
黒色の服装をする時は
華やかなアクセサリーをつけるなどしてください。

また昼間に行われる時と
夜間に行われる時では服装が変わります。
注意しましょう。

女性の昼間の服装は、
肌の露出を抑えたスーツかワンピースが普通です。

あまりラメが入っていたり、
スパンコールがついていたりしてピカピカとしないようにしましょう。

女性の夜の服装は、胸元があいていたり、
背中がみえているなど多少の露出はかまいません。

華やかな感じがするロングドレスやカクテルドレスなどが定番で、
出来れば手袋もつけたほうがいいでしょう。

ワンピースにする時は、
華やかな感じがする物やシルクやベルベットなどの
素材のものをえらぶといいでしょう。

女性の和服の場合は、
未婚の方は振袖が正装となります。

振袖には
袖が足元まで届くぐらいの長さの大振袖、
膝ぐらいの中振袖、 さらに丈が短い小振袖がありますが、

結婚式や披露宴に出る時は
大振袖、中振袖が一般的です。

30歳以上の未婚の方は、
訪問着かつけ下げがよいでしょう。

既婚の女性の方は、
黒留袖か色留袖、
帯は袋帯を二重太皷に結ぶのが正装です。

男性の方は昼間はモーニング、
夜は燕尾服を着用します。

略式の正装の時は
昼はディレクターズスーツ、
夜はタキシードを着用します。

またブラックスーツにシルバーグレーのネクタイでもよいでしょう。

最近は黒のフォーマルスーツに
慶事のときに使う白いネクタイや黒白の斜め島の入ったネクタイを締める方が多くなってきました。

平服でと招待状などに書いてあっても
カジュアルの服装はいけないようです。

女性はスーツかワンピース、
男性はスーツがマナーです。

UP▲

~冠婚葬祭マナー.comへ


Copy right(C)
冠婚葬祭マナー.com
All Rights Reserved.