葬儀の服装のマナー

葬儀とは、
親族と親しかった方やお世話になった方で
亡くなった方と最後のお別れをする儀式のことをいいます。

葬儀は一生にうちにそう何回もあるものではありません。

もし参列する場合でも
戸惑わないようにチェックしておくようにしましょう。

葬儀の参列する時には喪服を着用します。

喪服とは、
正式のものと略式のものとがあり、

正式の物とは、
男性はモーニング、
女性は、ブラックフォーマル
といわれる黒いアンサンブルをいいます。

靴下も男女とも黒いものを着用し、
ネクタイも黒色のものを結び、
ワイシャツは、白色のものを着、
柄物は着用しないのがマナーです。

革や毛皮は殺生をイメージするのでやめてください。
また派手なアクセサリーや時計などの装飾品ははずしてください。

装飾品で許されるのは、真珠製品のみです。

親族以外の方は、
略式のダークスーツでもかまいませんが、
地味な物にしてください。

子供さんの服装は、制服があれば制服を着用し、
なければ白いシャツかブラウスに
黒か紺のズボンやスカートを組み合わせてください。

赤ちゃんは派手な色でなければいいでしょう。

UP▲

~冠婚葬祭マナー.comへ


Copy right(C)
冠婚葬祭マナー.com
All Rights Reserved.