香典袋のマナー

香典とは、
仏式で行われる葬儀で
亡くなった方の霊前にお供えするものをいいます。

香とはお線香の意味で、

香典は、水引が白黒の不祝儀袋に入れ、
遺族の方や受付の方に渡します。

香典袋は、
葬儀を行っている宗教によって種類や表書きが違ってきます。

仏式の葬儀の場合は、
白無地か蓮の花の絵柄が印刷されている袋を用い、
御霊前か御香料、御香典と上段に書くのが普通です。

同じ仏教でも浄土真宗の場合は、
人は亡くなったらすぐに仏になるという考えから、
御仏前と表書きを書きます。

神式の場合は、香を用いないため、
白無地の包みに御霊前か御玉ぐし料、御榊料と表書きを書きます。

また、
水引は白黒か白一色のものを使います。

キリスト教式の場合は、
白無地の封筒か、白百合や十字架が印刷されている封筒を用い、
水引はかけないのが普通です。

もしどの宗教か宗派かわからないときは、
白無地の包みに御霊前と表書きを書き、
白黒か全部銀色の結び切り水引がかかった香典袋を用いるのが無難です。

UP▲

~冠婚葬祭マナー.comへ


Copy right(C)
冠婚葬祭マナー.com
All Rights Reserved.