正月のマナー

最近はぎりぎりまで仕事をしていて
すみからすみまで掃除をする人は少なくなってきましたが、
いつも行っている掃除よりも少し力を込めて掃除をすることでしょう。

その後、お正月飾りを飾ります。

お正月飾りとは、
門松、しめ縄、鏡餅などをいいます。

お正月は一生の幸せをもたらしてくれる
歳神様を祀り御祝いする行事です。

その神様をお迎えする準備は、
28日までにおこなうといわれており、
29日は苦に通じるということから嫌い、
31日は一夜飾りということから
30日に行う人が多いようです。

兄弟や親、親戚に挨拶に行き、
子供はお年玉をもらうことは大変楽しいことです。

親の方としては、
子供さんがみえることがわかっている時は
お年玉の用意をしておくのがマナーです。

また訪問する時には
お年賀として手みあげを持参したほうがいいでしょう。

新年に初めて神社におまいりに行くことを初詣といいます。

初詣は、必ず元旦でなくてもいいですが、
1月7日までに済ませましょう。

またお正月飾りは、
松の内を過ぎた1月7日ごろに取りはらい、
鏡餅は1月11日に鏡開きをして
餅を食べると病気にならないといわれています。

UP▲

~冠婚葬祭マナー.comへ


Copy right(C)
冠婚葬祭マナー.com
All Rights Reserved.