節分のマナー

節分とは、
春夏秋冬各季節の始めの日の前日のことをいい、
季節を分けることを意味しています。

昔は、立春が旧のお正月だったことから、
色々な行事が立春の前日の節分に行われていたことから、
今でも受け継がれています。

節分には、
節分当日に柊の枝にいわしの頭を刺し戸口に立てておいたり、
豆まきをしたりする習慣があります。

これは、季節の変わり目には邪気が現れると考えられ、
これを追い払うためにおこなわれます。

古来、鬼は陰(おに)といわれ、
姿が見えない災いを総称した言葉で、
鬼は「毛むくじゃらで背丈が高く、
がっしりした体格のもの」ということから、
今のような格好が定着しました。

豆まきは、炒った豆をまき、
その豆を自分の年齢に1つ足した数だけ食べると
病気にならないという言い伝えがあり、
各家庭でも行われています。

炒っただけで調理していない豆は消化が悪く、
たくさん食べ過ぎると胃腸に悪いことから、
自分の年齢に1つ足した数だけ食べるというマナーが出来たともいわれています。

掛け声は「鬼は外、福は内」が多いですが、
所によっては「鬼は外」しか言わないところもあります。

また節分の日に福を巻き込むということから
太巻きずしを恵方の方を向いて丸かじりすると
一年中健康でいられるということから
恵方巻という巻きずしを食べる習慣がある地方もあります。

UP▲

~冠婚葬祭マナー.comへ


Copy right(C)
冠婚葬祭マナー.com
All Rights Reserved.