彼岸のマナー

彼岸は、
太陽が真東から上がって
真西に沈む昼と夜の長さが同じになる
春分の日と秋分の日をはさんで
前3日後3日の合計7日間をいいます。

彼岸は、
サンスクリット語の波羅密多から来た言葉だといわれていて、
煩悩と迷いの世界である此岸(しがん)にある者が
六波羅蜜の修行をすることで
悟りの世界に到達することが出来るといわれています。

この時期に仏様を供養すると、
極楽浄土にいくことが出来るといわれています。

この考えから彼岸には
ご先祖さまのお墓参りに行かれる方が多いです。

そのお墓参りの時に必ず行ってほしいことは、
お墓の掃除とお供え、お参りです。

お墓をいつまでも雑草など生え放題にしておいたり、
ごみが散らかっていては仏様に申し訳ありません。

水で洗い流したり、草を抜いたりしてきれいにしましょう。
その時に出たごみは必ず持ち帰るのがマナーです。

またお供えは先祖様にお供えした後、
花や線香以外のものは帰るときには荒らされたり、
異臭を放つ素になるので必ず持ち帰るように知れください。

このお供えは、
生前好きだったものをお供えしても良いでしょう。

UP▲

~冠婚葬祭マナー.comへ


Copy right(C)
冠婚葬祭マナー.com
All Rights Reserved.