大晦日のマナー

みそかとは、
各月に最後の日のことを言います。

12月31日は、
一年でいちばん最後の日なので、
おおみそかとかおおつごもりとかいいます。

おおつごもりとは、
昔は陰暦を使っていたため、
月の最後の日は必ず月が隠れてしまうので暗いということから
つごもりといわれるようになりました。

しかし12月31日は、
今はおおみそかといわれることが多いです。

大晦日にする習慣として夜、
年越しそばを食べるという習慣があります。

このことの由来は、
そばは、細く、長く、コシが強いことから
「細く長く命や家運が伸びますように」という言い伝えから
そばを食べるという説があります。

そばは、年を越してから食べると縁起が悪いといわれます。
年を越さないよう食べましょう。

また、大晦日に色々なお寺で鐘を鳴らす行事を除夜の鐘といいます。

仏教では、
人間誰でも108つの煩悩を持っている。
それを鐘の音と一緒に払うのだといわれて言われています。

また
月の数12、24節気の数の24、72候の数の72を足した数が
108で1年間を表している。

また、
四苦八苦を取り払うということから、
4×9+8×9=108をかけたのだとも言われています。

UP▲

~冠婚葬祭マナー.comへ


Copy right(C)
冠婚葬祭マナー.com
All Rights Reserved.