食事のマナー

食事のマナーというと
代表的なものが和食、西洋食、中華です。

それぞれにつき色々なマナーがあります。
順番に紹介します。

■和食
和食には本膳、懐石、会席料理があります。
本膳料理は、日本料理の正式な膳立てで、
式三献、雑煮、本膳、二の膳、三の膳、硯蓋からなり、
儀式的な料理で、
昔は能や狂言などの演技を見ながら食べた料理とされています。

同じ言葉でも懐石と会席料理とは違い、
懐石料理は茶道のお手前に間に亭主から来客に出される料理のことで
会席料理は、お酒を飲むために催された宴会に出された料理のことをいい
まったく別のものです。

和食には必ず箸を用います。
日本人の私たちでも難しい箸のタブーがあります。

箸を使うに当ってやっていけないことは、
迷い箸、
寄せ箸、
くわえ箸、
ねぶり箸、
刺し箸、
渡し箸
といいます。

■西洋食
西洋食では、
ナイフやフォークは使用する順番に並べてあります。

外側からとって使ってください。
万が一落としてしまった場合は、
自分でとらず係の人に申し出てください。

またお皿を持ち上げることはマナー違反です。
行わないでください。
片手でグラスを持ったまま、
もう一方の手で料理を食べることもマナー違反です。

■中華
中華料理には大抵円卓という回転台を用います。
回転台は普通右回りです。
間違っても左回りにはしないでください。

料理は大抵人数分盛り付けて出てきます。
主賓の方から取り、順番に回します。
取り皿にとったものは
残さないで食べることがマナーです。

UP▲

~冠婚葬祭マナー.comへ


Copy right(C)
冠婚葬祭マナー.com
All Rights Reserved.